admin のすべての投稿

電話代行会社の選び方

代行会社を選ぶ際に一番重要な部分は、しっかりと教育された、正しい日本語が使える人材が多い電話代行会社なのかということです。スタッフがしっかり教育されている会社なのか見極めるには、気になった電話代行会社に見学に行ってみるのもいいかもしれません。もし、そこで見学を断ってくるような会社であれば、サービスに自信のない会社と見たほうがいいでしょう。代行会社の営業担当者は当社にはいかに優秀な人材が多いかということを話してくるでしょうが、言葉に惑わされず自分で見て判断するようにしましょう。

会社のコストを減らすために料金の安さも重要な部分だと思います。しかし、基本料金が安くてもオプションでどんどん加算されていくとなると、他社より高くついてしまうことにもなってしまいます。基本料金の中にどれだけのサービスが含まれているかをチェックするようにしましょう。ただ、質の高い電話代行を希望している会社と、最低限の電話応対だけでいいという会社など、企業にとって必要なスタッフは様々だと思います。電話代行会社も会社によって様々なプランがあります。

そのため、企業は業務効率化やコスト削減のためにはどういったサービスが必要か不必要かをしっかり判断して、代行会社を選ぶといいでしょう。代行会社を利用してみたいという方は、2週間無料お試しや1ヶ月無料お試しという会社も多くあるので、試してみてはどうでしょうか。

電話代行の種類

電話代行はインバウンド型(受信業務)とアウトバウンド型(発信業務)の大きく2つに分かれます。インバウンド型の中には依頼された企業の事務員の代わりとして電話応対をする一般企業対応型があります。社員が出払ってしまうことが多い企業や、起業したばかりで一人で仕事している方などは、外出していると事務所の電話に出られないという問題があります。電話代行を依頼すると、事務所の電話がオペレーターに転送され応対してもらえる仕組みです。事務所に固定電話を引いておらず、携帯電話の連絡先のみという依頼者の方には、電話番号を代行会社が貸し出し、その番号に電話が入ると依頼者が指定した電話番号に転送されるというサービスもあります。固定電話がない会社は信用されないこともあるので、利用してみてはどうでしょうか。

インバウンド型は企業の商品注文受付やカスタマーセンターやクレームの一時的な対応などのオペレーター業務に対応する、コールセンター型もあります。コールセンターを開設するときに会社が人を雇うより、代行スタッフに依頼した方が安価で済むと、代行を依頼するコールセンターもあります。

アウトバウンド型は発信側なので一般企業対応型は事情があって電話が出来ない場合に、企業に変わって電話をかけてメッセージを伝えるというものです。企業に代わって、市場調査やキャンペーンの案内、テレマーケティングなどの営業活動をするテレホンアポインター業務もアウトバウンド型の電話代行サービスです。

電話代行の検討

電話代行というのは、経験豊富なオペレーターが、自社の代わりに電話対応を行ってくれるというものです。主に忙しく、電話を取る事が出来ないという状況の時に利用されるもので、顧客からの電話が転送され、必要な要件を確認して、のちに情報として伝えてくれるものです。当サイトではこの電話代行について紹介しています。

電話代行と一口に言っても種類があり、インバウンド型とアウトバウンド型というのがあります。これらはざっくり述べると受信型と発信型という事で、会社にかかってくる電話を代行して受けてもらうか、電話が出来ない時に代わりに発信してもらうという違いがあります。どのようなサービスを利用するのかというのは、企業の多忙さ、業務スタイルによっても異なりますので、業務にあったサービスをお願いするのが良いでしょう。

電話代行のサービスをお願いする時には、複数ある会社の中から選別する必要があります。いくつかチェックしておきたいポイントはありますが、やはり自社の評価を落とさないためにも、丁寧な対応と、適切な日本語で接してもらえるかどうかという点が大きいのではないでしょうか。中には見学を行わせてもらえるところがあり、実際にサービスがどうなっているのか、具体的に知る事が出来ます。検討している場合には、リサーチをしっかりしておく事をおすすめします。当サイトではこれらのような電話代行に関する情報を具体的に紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。