電話代行の種類

電話代行はインバウンド型(受信業務)とアウトバウンド型(発信業務)の大きく2つに分かれます。インバウンド型の中には依頼された企業の事務員の代わりとして電話応対をする一般企業対応型があります。社員が出払ってしまうことが多い企業や、起業したばかりで一人で仕事している方などは、外出していると事務所の電話に出られないという問題があります。電話代行を依頼すると、事務所の電話がオペレーターに転送され応対してもらえる仕組みです。事務所に固定電話を引いておらず、携帯電話の連絡先のみという依頼者の方には、電話番号を代行会社が貸し出し、その番号に電話が入ると依頼者が指定した電話番号に転送されるというサービスもあります。固定電話がない会社は信用されないこともあるので、利用してみてはどうでしょうか。

インバウンド型は企業の商品注文受付やカスタマーセンターやクレームの一時的な対応などのオペレーター業務に対応する、コールセンター型もあります。コールセンターを開設するときに会社が人を雇うより、代行スタッフに依頼した方が安価で済むと、代行を依頼するコールセンターもあります。

アウトバウンド型は発信側なので一般企業対応型は事情があって電話が出来ない場合に、企業に変わって電話をかけてメッセージを伝えるというものです。企業に代わって、市場調査やキャンペーンの案内、テレマーケティングなどの営業活動をするテレホンアポインター業務もアウトバウンド型の電話代行サービスです。